第68回沖縄全島エイサーまつり★4年ぶりの開催

イベント

コロナで3年間中止されていた「第68回沖縄全島エイサーまつり」が2023年9月8日(金)〜10日(日)に沖縄市のコザ運動公園で開催されます。
最終日はカチャーシーでお客さんも一体となる姿や打ち上げ花火も鑑賞できます。

「沖縄全島エイサーまつり」とは

「沖縄全島エイサーまつり」は、毎年旧盆明けの最初の週末に行われており、1956年の「コザ市誕生」を機に「全島エイサーコンクール」をスタートさせたことをきっかけに、今では県内最大級のエイサーイベントとなっています。

「エイサー」とは、本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつで、お盆に帰ってくる祖先の霊を供養し、共に家内安全、無病息災を願い踊ります。各地域の青年会がそれぞれ違う型を持っていて、踊りや衣装もさまざまですが、沖縄全島エイサーまつりでは、多くのエイサー団体が集まり、各地域の踊りや衣装もみることができます。

なびんちゅ
なびんちゅ

沖縄市は2007年6月13日に「エイサーのまち」宣言をし、伝統芸能であるエイサーのPRやコザ・ミュージックタウン内の「エイサー会館」でエイサーの展示・体験等も行っている地域です。

第沖縄全島エイサーまつり 概要 
開催日:2023年9月8日(金)~10日(日)
会 場:沖縄市コザ運動公園陸上競技場(沖縄市諸見里2丁目1-1)

《3日間の予定》
●9月8日(金)道じゅねー
日時:18時30分~21時
会場:沖縄市胡屋十字路周辺
●9月9日(土)~9月10日(日)
日時:15時~21時
会場:沖縄市コザ運動公園陸上競技場
↓詳しいプログラム
沖縄全島エイサーまつり実行委員会オフィシャルサイト

なびんちゅ
なびんちゅ

9月9日(土)~9月10日(日)の2日間はとなりの会場で
オリオンビアフェスタも開催されています。

入場料無料・有料席もあり

沖縄全島エイサーまつりは、入場料は無料で、私は舞場周りの芝生エリア(無料)で席を確保して見たことがありますが、駐車場も芝生エリアも人がいっぱいです。なので、席を探すことなく、ゆっくり鑑賞したい方は早めに有料席のチケットを購入するのがオススメです。

有料席の価格

座席前売り当日
SS席
(全席指定)
4,000円4,500円
S席
(全席指定)
3,300円3,800円
A席
(全席指定)
2,000円2,500円
B席
(スタンド両翼席・全席自由)
なし1,500円

↓席の位置等は公式ホームページにあります。
沖縄全島エイサーまつり実行委員会オフィシャルサイト

駐車場について

会場に駐車場がないので、近隣の有料駐車場か臨時駐車場からシャトルバスで来場することになると思います。臨時駐車場とシャトルバスの発着場はまだ公式ホームページに公開されていないので、分かり次第追記します。

【参考】2022年のシャトルバスの情報
運行時間:14:00~21:30
発着所:イオンモール沖縄ライカム・泡瀬漁港・中部合同庁舎及び沖縄アリーナ
臨時駐車場:泡瀬漁港(100台程度)、中部合同庁舎(80台程度)

なびんちゅ
なびんちゅ

 

今年のエイサーまつりは観に行きたいと思っていますが、芝生エリアは運動会の時にみたい早めにいって、見やすい場所確保しないといけないので、有料席購入しようか迷っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました